11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿監督、記者会見で正式に引退を発表!

2013.09.06 21:38|宮崎駿
宮崎駿

9月6日、都内某所で宮崎駿監督の引退発表記者会見が開かれました。それに先立ち、マスコミ各位に以下の文章が配布されたようです。

宮崎駿監督 公式引退の辞全文】

 ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。


 もっと短くなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。


 ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作ってきた人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。


 “風立ちぬ”は制作から5年かかっています。次は6年か、7年か…それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます。


 長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろとあります。やらなければと思っていること――例えばジブリ美術館の展示――も課題は山ほどあります。


 これ等は、ほとんどやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが。それで、スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。


 ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかは、まぁ、やってみないと判りません。


 ありがとうございました。



というわけで、記者会見の様子を簡単にまとめてみましたよ。

続きを読む >>

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿

プロフェッショナル・仕事の流儀 NHK「宮崎駿スペシャル『風立ちぬ』1000日の記録」

2013.08.30 15:26|宮崎駿
宮崎駿 仕事の流儀

先日、26日にNHKで宮崎駿スペシャル『風立ちぬ』1000日の記録」と題した特別番組が放送されました。現在、全国の劇場で大ヒット上映中の『風立ちぬ』ですが、同番組では『風立ちぬ』の制作期間中、約3年間に渡って長期密着取材を敢行。73分におよぶ貴重な映像の中で、宮崎監督の「創造」にかける姿を明らかにしています。相変わらず、映画制作中の宮崎さんの言動が面白かったので、簡単に概要をまとめてみました。


・2010年7月、宮崎駿監督は次回作の構想に頭を悩ませていた。前作の『崖の上のポニョ』は大ヒットこそしたものの、その内容は関係者の中でも賛否両論あったという。プロデューサーの鈴木敏夫は『ポニョ』について次のように振り返っている。「なんかねえ、嫌だったのよオレ、『ポニョ』って映画(笑)」、「”もういいよ、こういうこと前にもやったし”って感じじゃん」、「やっぱ面白いもの観たいからね。オレはその一点ですよ」、「だって、やっぱり宮崎駿ってさ、凄い人なんだもん」、「その人がねえ、なんか花がしぼむのって嫌じゃん」

・そこで鈴木Pは宮崎さんに『風立ちぬ』の映画化をすすめた。「戦争を題材にしたらさ、この人はどういう映画を作るんだろうって」、「いわゆる、ファンタジーのようなわけにはいかないでしょ?」、「そうすると、宮崎駿の得意技が封じられるわけですよ」、「そしたら苦しむでしょ、葛藤で」、「そしたらね、若くなるんじゃないかなあって(笑)」

続きを読む >>

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 風立ちぬ

『風立ちぬ』に隠された”裏のテーマ”を考察してみる

2013.08.16 12:41|宮崎駿
風立ちぬ

現在、大ヒット上映中の劇場アニメ『風立ちぬ』ですが、映画を観た観客の評価はかつてないほど割れまくっており、「素晴らしい!宮崎駿の最高傑作!」と絶賛する人がいたかと思えば、「なにこれ全然面白くない!最低の作品!」とメチャクチャに貶す人がいるなど、両極端な反応が多いようです。いったいなぜなのか?

この映画は、一見すると「ゼロ戦開発者の堀越二郎が難病の美少女と出会い、戦時中の様々な困難(主に堀越の仕事)を乗り越えつつ、二人で純粋な愛を育んでいく美しくも悲しい正統派ラブストーリー」のように見えます。まあ、実際その通りなんですが、それだけではまだこの映画を半分しか理解できていません。本作には、”表のテーマ”とは別に”裏のテーマ”が隠されているからです。

続きを読む >>

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 風立ちぬ

宮崎駿監督作品『風立ちぬ』の感想(ネタバレあり)

2013.08.09 20:46|宮崎駿
風立ちぬ

先月20日に全国454スクリーンで封切りとなった映画『風立ちぬ』は、初登場で堂々の第1位を記録!オープニング2日間で観客動員数74万7451人、興収9億6088万5850円を叩き出し、「大人向けの内容だからファミリーの動員が難しいのでは」とか、「題名に『の』という文字が入ってないのでヒットしない」などのネガティブな予想をものともせず、興収100億円以上を十分に狙える見事なスタートダッシュを切っています。この勢いは2週目以降も全く衰えることなく、何と3週連続で1位を獲得。累計動員は350万人、累計興収は早くも43億円を突破している模様。宮崎アニメのブランド力は健在ですねー(^.^)

ただ、映画を観た観客の評価はかつてないほど割れまくっており、「素晴らしい!宮崎駿の最高傑作だ!」と絶賛する人がいたかと思えば、「なにこれ全然面白くない!最低の作品!」とメチャクチャ貶す人がいるなど、両極端な反応が多いようです。いったいなぜなのか?

というわけで、公開からだいぶ時間も経ったことですし、ちょっと内容に踏み込んだ感想を書いてみたいと思います。以下の文章はネタバレを含むため、映画をまだ観ていない方はご注意ください。

続きを読む >>

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 風立ちぬ

『天空の城ラピュタ』制作秘話!実は『ふしぎの海のナディア』が元ネタだった?

2013.08.02 13:39|宮崎駿
天空の城ラピュタ

■ストーリー『ある夜、飛行中の大型飛行船を空賊ドーラ一家が襲撃。政府特務機関に捕らわれていた少女シータは、混乱に紛れて指揮官であるムスカ大佐を気絶させると、彼の懐から青い石のペンダントを取り返す。しかし、窓を伝って逃げようとした時、シータは客船から転落。雲間を落ちていく中、胸にかかっていたペンダントが突然光を放ち、シータは光に包まれゆっくりと降下していった。その頃、鉱山町で働く少年パズーは、空から降りてきたシータを目撃、驚きつつも自宅にかくまう。パズーの亡父は冒険家だったが、かつて、空に浮かぶ城「ラピュタ」を見ていた。そしてシータがラピュタ人の子孫であることと、シータ が持っているペンダントの石は「飛行石」であることを知るに至って、パズーはラピュタの実在を確信する。だが、その直後に政府の軍隊が現れ、シータは捕らわれてしまった。果たしてパズーは彼女を助け出すことができるのか?そして「飛行石」に隠された驚愕の秘密とは?スウィフトの「ガリバー旅行記」をモチーフに、宮崎駿がオリジナル原案で描いたアクション・アドベンチャー!』



本日は金曜ロードショーで宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』が放映されます。これに対してネット上では「ラピュタ何回目だよ」、「ラピュタは滅びぬ!何度でも蘇るさ!」、「お前らのラピュタ好きは異常」、「3分間待ってやる」、「バルスキター!」など、これまで繰り返しテレビ放映されているにもかかわらず、それを感じさせない盛り上がりを見せています。

なぜなら、過去に地上波で『ラピュタ』が放映されるたびに、2ちゃんねるの関連スレッドには大量の書き込みが投稿され、「人がゴミのようだ!」というムスカの名セリフの後に迎えるクライマックスで熱狂はピークに達し、パズーとシータが滅びの呪文「バルス」を唱えた瞬間、ユーザーが一斉に「バルス!」と書き込み、その負荷に耐え切れず関連板のサーバーがダウンする、という一連の流れが毎回の恒例行事(?)となっているからです。

また、前回(2011年12月)の放送時には、ツイッターでなんと毎秒2万5088もの「バルス!」がツイートされ、世界最高記録(当時)を樹立したことでも話題となりました。現在この記録は13年1月の「あけおめ」ツイート(毎秒3万3388ツイート)によって破られてしまいましたが、ニコニコ動画では「バルス祭り」と題した特別イベントを開設し、世界記録の更なる更新を狙っているようです。

某国からの総攻撃にも耐え抜いた堅牢な2ちゃんねるのサーバーですら一撃で陥落させる脅威の呪文「バルス」(これってもう、一種のサイバーテロじゃないの?)。果たして今回もサーバーは落ちるのか?それとも耐え切るのか?結末やいかに!

という話とは関係なく、本日は『天空の城ラピュタ』の制作裏話についてまったりと書いてみますよ。

続きを読む >>

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 天空の城ラピュタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。