11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『風立ちぬ』のモデルになった家が公開されて大盛況!

2013.11.19 13:30|宮崎駿
風立ちぬ (1)

宮崎駿監督が幼少の頃、太平洋戦争中に疎開し暮らしていた栃木県宇都宮市の日本家屋が、ほぼ当時のまま画廊として改装され、多くのファンから注目を集めているそうです。この家屋は現役最後の作品『風立ちぬ』でも主人公堀越二郎の生家のモデルとなった家で、早くも引退を惜しむファンの聖地になっているらしい。市の観光担当者は「ギョーザに並ぶ名物になり得る」と期待しているとか。

宮崎監督は1941年(昭和16年)に東京都で生まれ、宇都宮市に疎開。3歳から小学3年までこの家に住んでいました。築80年で、洋間や14畳の和室がある木造2階建て。昨年2月に、画廊「絆和(はんな)」に改装され、作品展示中は誰でも客として入ることができるそうです。玄関近くの傾斜が急な階段は、『となりのトトロ』にも登場しています。2階の窓からは、電車が目線と同じ高さで横切る風景が見え、『千と千尋の神隠し』の一場面を思い起こす人も多いとか。

オーナーのトーマスあす子さん(36)は引っ越し先を探していた2011年7月にこの家と出合ったそうです。宮崎監督が育った家だとは家主から聞かされるまで知らなかったようで、「偉大な足跡を残された方。とても光栄です」と語っていました。画廊にしたのは「人が集まる場所にして欲しい」という家主の要望から。一部改装しましたが、炭を混ぜた黒しっくいの壁や手縫いの畳など、趣は建てられた当時のまま残したそうです。「冬寒かったり、夏暑かったり大変ですが、宮崎さんの自然を大切にする作風や、独特の世界観を感じ取ることができる趣のある家です」とのこと。

現在、“巨匠の家”は噂となり、時にはトーマスさんが応対しきれないほどの客が殺到しているらしい。ただ、「宮崎さんを宣伝のダシにしていると思われるのは嫌」と複雑な心境ものぞかせていました。また、展示物を素通りして家ばかり見たり、展示を行っていないときでも「家だけ見せて」と訪ねてくる、心ない人もいるようです。今後も「宮崎さんの家ということを前面に押し出すことはしない」、ただ「見たい気持ちはよく分かるし、それを楽しんでもらうのは全然構わない」とのこと。「宇都宮のアート面での魅力を発信する契機になれるなら幸いだし、街がにぎわえばうれしい」と語っていました。

風立ちぬ (2)
風立ちぬ (3)
風立ちぬ (4)
風立ちぬ (5)
風立ちぬ (6)
風立ちぬ (7)

・「Gallery HANNA ~絆和~(ギャラリーハンナ)」
・所在地:宇都宮市松が峰2-7-17
・公式ホームページ:ギャラリーハンナ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:聖地巡礼
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 風立ちぬ

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/20 08:48)

宇都宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。