05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『風立ちぬ』に隠された”裏のテーマ”を考察してみる

2013.08.16 12:41|宮崎駿
風立ちぬ

現在、大ヒット上映中の劇場アニメ『風立ちぬ』ですが、映画を観た観客の評価はかつてないほど割れまくっており、「素晴らしい!宮崎駿の最高傑作!」と絶賛する人がいたかと思えば、「なにこれ全然面白くない!最低の作品!」とメチャクチャに貶す人がいるなど、両極端な反応が多いようです。いったいなぜなのか?

この映画は、一見すると「ゼロ戦開発者の堀越二郎が難病の美少女と出会い、戦時中の様々な困難(主に堀越の仕事)を乗り越えつつ、二人で純粋な愛を育んでいく美しくも悲しい正統派ラブストーリー」のように見えます。まあ、実際その通りなんですが、それだけではまだこの映画を半分しか理解できていません。本作には、”表のテーマ”とは別に”裏のテーマ”が隠されているからです。

映画のラストで堀越二郎は、「自分はただ美しくて高性能な飛行機を作りたかっただけなのに、全て戦争の道具として駆り出され、ついに一機も戻ってこなかった…」と空を見上げながら悲しそうにつぶやきますが、この心情はそのまま宮崎駿にも当てはまります。かつて宮崎監督は、「子供たちに自然の素晴らしさを知ってもらいたい。そしてもっと外で元気に遊んで欲しい」という願いを込めて『となりのトトロ』を制作しました。

ところが、数年後にとある講習会に出席した宮崎さんは、参加者の母親から「うちの子供は『となりのトトロ』が大好きで、一日中ビデオを観てるんですよ~」と聞かされ、大変なショックを受けてしまいます。「なんてことだ!俺は、子供たちに大自然の中で元気に遊んでもらいたくて『トトロ』を作ったのに、逆に子供達を家の中へ縛り付けていたなんて…!」と。

あまりにも完成度の高い映画を作ってしまったために、本人の意向に反して多くの引きこもりを生み出してしまった宮崎駿。そして、あまりにも高性能な戦闘機を作ってしまったために、無駄に戦争を長引かせ、結果的に多くの戦死者を出してしまった堀越二郎。職種は違えど、両者の「こんなはずではなかったのに…」という思いは共通していると言えるでしょう。

更に、宮崎監督はアニメ作りに没頭するあまり、大切な家族を犠牲にしています。『未来少年コナン』を制作していた頃は、熾烈なスケジュールをこなすために連日会社に泊まり込み、家に帰るのは一カ月に数回程度。幼い息子(吾朗君)の子育てもままならず、ついに奥さんから「あなたには子供の教育について語る資格は無い!」とまで言われてしまった宮崎駿。そして、重度の結核を患って余命いくばくも無い菜穂子に対し、仕事最優先でほとんどかまってやれなかった堀越二郎。

「優れた作品を生み出す過程において何らかの犠牲が発生することはやむを得ない」、「むしろ、優れた作品とは多くの犠牲の上に成り立つものだ!」と自分の行為を肯定しつつ、「でもやっぱり、それは正しいことではないんじゃないのか?自分のやってきたことは間違っていたのか?」と複雑に揺れ動く宮崎監督の心情が、そのまま堀越二郎に投影されているのです。

しかし、天才:宮崎駿の苦悩なんか一般人には到底理解できるはずがありません。そこで重要な役割を担うのが、ヒロインの菜穂子です。ご存じの通り、もともと宮崎作品に登場するヒロイン達は、見事なまでに宮崎さんの女性に対する理想像が反映されていました。綺麗でやさしくて頭が良くて、主人公にとことん尽くしてくれる、女神のような美少女たち。『未来少年コナン』のラナ、『カリオストロ』のクラリス、『ラピュタ』のシータなど、「顔が違うだけで基本的にキャラクターは全部一緒」と言っても過言ではないほどです。

もちろん、宮崎監督もこんな少女たちが実在しないことぐらい百も承知でしょう(以前、鈴木敏夫が「こんな女の子、現実にはいないでしょ?」と宮崎駿に聞いたら「当たり前だ!」とキレられたらしいw)。しかし、現実世界では誰にも苦悩を分かってもらえない宮崎さんですが、やはり自分を理解してくれる人が欲しかったのです。だから、せめてアニメ(妄想)の世界では自分の理想の少女を出したかった。そんな想いが積り積って、とうとう”究極の女神”を作り上げたのです。仕事でどんなに遅く家に帰っても決して怒らず、目の前でタバコをプカプカ吸っても文句を言わず、ひたすら自分に尽くしてくれる理想の女性、その名は菜穂子!

風立ちぬ』のラストでは、そんな菜穂子が天才の抱える苦悩や葛藤を無条件で受け入れ、全てを「赦す(ゆるす)」と言ってくれているのです。菜穂子の「生きて」というセリフは、宮崎監督の「俺はこのままアニメを作り続けていいのか?」という問いに対するアンサーであり、「生きねば」というキャッチコピーは「どうせ俺はアニメを作ることでしか人に何かを伝えることができないんだ!だったらとことん作ってやる!」という宮崎監督の揺ぎ無い覚悟を表わしているのですよ。

つまりこの映画は、「多くの犠牲を出すと知っていながら、それでも物を作らずにはいられない天才クリエイターの”業の深さ”を、理想の女神に全て受け入れ赦してもらいたい」という、宮崎駿自身の願望を具現化した美しくて切ない物語だったのです。ここまであからさまに自分の妄想を映像化して、しかも大ヒットさせてしまう映画監督は、世界広しと言えども宮崎駿だけでしょうねえ。

しかしながら、公開前に鈴木敏夫が「この映画は宮崎駿の遺言」みたいなことを言ってましたが、「嘘つけ!」って感じですな(笑)。先日も、ジブリから出してる雑誌(『熱風』)に「憲法第9条は守るべきだ」的な記事を載せてあちこちから批判を食らってたけど、あんな言わなくてもいいようなことを敢えて今言うってことは、「日本がこんな状態じゃまだまだ引退するわけにはいかん!」という意思表示だと思われます。

というわけで、本作はかつてないほど自分自身の心情をさらけ出した”宮崎度数100%”の作品であり、宮崎駿の最高傑作と評しても全く過言ではないでしょう。開き直ったかのような”自分語り”に脱帽です(^.^)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 風立ちぬ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。