04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『崖の上のポニョはこうして生まれた』 宮崎駿の思考過程

2013.06.30 15:37|宮崎駿
崖の上のポニョ

■ストーリー『海辺の小さな町で崖の上の一軒家に暮らす宗介はある日、さかなの形をした女の子・ポニョと出会う。ポニョはクラゲに乗って海の底からやって来た人魚だ。それ以来、彼らは互いを好きになる。しかしポニョは、人間をやめて今は海の住人となっている父フジモトによって海の中へ連れ戻されてしまう。それでも、“人間になって宗介に会いたい”という気持ちが抑えられないポニョは、父が貯めていた生命の水を海中にまき散らしながら、いもうと達がつくりだす大津波に乗って再び宗介のいる崖の上へと向かうのだった。』


『崖の上のポニョ』の制作状況を克明に描き出したドキュメンタリー『ポニョはこうして生まれた 宮崎駿の思考過程』を見ました。これは、映画の企画立ち上げから絵コンテ作成、そして過酷な作画作業に至るまで、余すことなく文字通り「映画作りの全て」を収めた超弩級のメイキング映像なのです。

それにしても長い!長すぎるよ!僕は今まで色々な映画のメイキングを見てきましたが、こんなに長いのは生まれて初めてです。なんせDVD5枚組で総収録時間は12時間30分にも達する大長編ですからね。映画4本分という非常識なほどのボリュームに思わずビビってしまいました(笑)。この映像は以前、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、『宮崎駿のすべて ポニョ密着300日』と題して放映されたドキュメンタリーの完全版です。番組自体は1時間半に編集されていましたが、元になった素材はこれだけの時間になるということなんですねえ。

これを見て改めて思ったのは、「宮崎駿という人は本当に凄いなあ」ということ。収録当時67歳だった宮崎さんが、これだけのベテランになってもまだ自ら先頭に立って原画を描いている姿には驚嘆せざるを得ません。アニメーターっていったい何歳まで現役でいられるんだろうか?

先輩の大塚康生さんなどは既に一線を退き、後進アニメーターの指導にあたっているし、愛弟子の庵野秀明さんも現在では演出に専念し、自分で原画を描く事はほとんどないようです。ましてや、宮崎駿は”映画監督”なのに、今でも自分で一枚一枚原画をチェックし、膨大なカットを修正しまくっているというこの凄さ!世界広しといえどもこんな監督は宮崎駿だけでしょう。

どうやら宮崎さんは全ての原画に目を通さなければ気が済まない性格らしく、メイキングの大半は作画チェックと原画修正で占められています(他の人の絵を直す作業)。その理由は、宮崎さんが生粋のアニメーターだからです。このDVDには、他のアニメーターが描いた絵を見て「う~ん、なんか違うんだよなあ~」とブツブツ文句を言いながら絵を修正する宮崎さんの姿が何度も映し出されていました。そして突然「だあああ~!」と両手で髪の毛を掻きむしり、イライラと煙草を吸いまくるその姿からは、動きの微妙なニュアンスを他人に上手く説明できないもどかしさが感じられ、ついには「悩んでいる間に描いた方が早い!」と言い放ち、さっさと自分で描いてしまうのです。

また、「体の動きで緊張感を表現しなければならないのにできてない!」とか「なんでこんな簡単な動きが描けないんだ!」などと若手アニメーターを叱り飛ばす様子も宮崎駿的指導の真骨頂で、もはや”毎度お馴染みの風景”と化しています(笑)。スタジオジブリは他のアニメ会社と比べても優秀な人材が揃っていることで有名ですが、それでも宮崎駿の目から見れば自分の思い描くレベルに達していないのでしょう(現場のアニメーターは大変だなあ)。

しかし、こんなに毎日原画チェックばかりやっていて監督の仕事の方は大丈夫なのか?と思っていたらやっぱり大丈夫じゃありませんでした。ある日制作デスクから呼び出され、「いったいいつになったら絵コンテは出来上がるんですか!?」と詰め寄られてしまう宮崎さん。実は、当初は遅くても8月中には仕上がる予定だった絵コンテが、10月になってもまだ完成していなかったのです。「このままじゃあ、公開日に間に合いませんよッ!」とスタッフに叱られた宮崎監督は、「今月中にはなんとかするから、もう少し待ってくれ!たのむ!」と借金の返済を迫られている多重債務者みたいに懇願する始末。世界の巨匠が(^_^;)

ところが、これでようやく絵コンテの作業に取り掛かるのかと思いきや、スタジオに戻ると再び原画チェックを始める宮崎さん。それを見たNHKのスタッフが思わず「あの~、絵コンテを描かなくていいんですか?」と尋ねた途端、「うるさい!わかってるよ!」と突然ブチ切れてしまいました。ついには「気が散るからもう帰ってくれッ!」とスタジオから追い出されるハメに。自分でも絵コンテが完成していないことを気にしていたものの、最後のシーンがどうしても描けずに悩んでいたらしい。

その後も連日のように原画チェックをやり続け、合間に少しずつ絵コンテを描く日が延々と続きますが、描いては直し描いては直しで遅々として進まず、10月が過ぎて11月に突入しても全然完成する気配がありません。酷い時には、一日かけて描いた絵コンテを「気に入らん!」と丸ごと捨ててしまう有様。結局、年内に絵コンテ作業は終わらず、翌年の1月にようやく完成することに。しかし、「できたぞ!」と絵コンテを渡された制作デスクは喜ぶと同時に顔面蒼白。当初の打ち合わせでは「ほとんど動きはない」と聞いていたのに、想定外のアクションシーンが多数追加されていたのです。「この期に及んで、よくこんな情け容赦のない絵コンテを描いてくるよなあ」と作画が間に合うのかという不安で泣きそうな表情のジブリスタッフ。気の毒すぎる(T_T)

さて、何度も言いますがこのメイキング映像は本当に長いです。『もののけ姫はこうして生まれた』も結構な長さだったんですけど、本作は更に倍の時間を費やしているのですから尋常じゃありません。なんでこんなに長くする必要があるのかと思ったら、鈴木敏夫プロデューサーの判断でした。「多くの人に宮崎駿の全てを知ってもらいたかった。そのために必要な時間だ。これでも足りないぐらいだよ(笑)」と嬉しそうに語る鈴木さん。

つまり、本作はサブタイトルに「宮崎駿の思考過程」と題されている通り、宮崎監督の人物像や仕事ぶりなど、主に「宮崎駿がどのような人間か」に焦点が当てられているのです。なので、単純にポニョのメイキングが見たい人にはちょっと合わない内容かもしれません。しかし、一人の人間をこれだけの分量でドキュメンタリー化した映像は過去に例が無く、宮崎駿ファンにとっては実に貴重な資料と言えるでしょう。

ちなみに、本作の発売を誰よりも楽しみにしていたのは鈴木敏夫プロデューサーだったのですが、ある日大変な事件が勃発。なんとリリース直前に発売日が5カ月も延期になってしまったのです!その原因はBGM。宮崎監督は作業中にいつもBGMを流しっぱなしにしていて、しかも気分によって曲を変えているため、日本の曲や外国の曲など色んな音楽がバックに流れているのです。

通常なら「著作権をどうするか?」ということをまず第1に考えるでしょう。しかし「ドキュメンタリー映像の場合、取材の過程で現場に流れている背景音に関しては著作権が発生しない」という法律があるらしく、そのことを知っていた鈴木さんは安心し切って編集段階で何の処理もしなかったのです。逆に「余計なBGMを足さなくて済むから楽でいい」などと余裕をかましていたほどでした。

ところが、今回は宮崎駿がバックに流している音楽の音量が大き過ぎたため、なんと著作権に引っ掛かってしまったのです。土壇場でこの事実が発覚した鈴木Pは大慌て!どうにかして問題をクリアーできないかとあちこち奔走するものの、あまりにも楽曲が多すぎる。しかも日本国内だけでなく海外にも著作権の申請をしなければならず、どう考えても短期間で全ての処理を完了させるのは不可能と判断。結局、鈴木さんが「発売日が延びてしまったのは私の責任です。申し訳ありませんッ!」と謝罪するハメになってしまいました、トホホ。

後日、某ラジオ番組に出演した鈴木さんは「僕は普段、仕事に私情は挟まないんですよ。常に客観的に状況を判断してミスを出さないようにしてるんです。でもあの時はねえ・・・、宮崎さんのメイキングを作れる嬉しさで舞い上がってたんでしょうねえ・・・」と物凄く低いテンションで語っていました。どうやらこの人は『ポニョ』本編よりもメイキングの方に力を入れていたようです。どんなプロデューサーだよ(^_^;)


ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ [Blu-ray]ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ [Blu-ray]
宮崎駿

スタジオジブリ

Amazonで詳しく見る

崖の上のポニョ [Blu-ray]崖の上のポニョ [Blu-ray]
宮崎駿

スタジオジブリ

Amazonで詳しく見る

崖の上のポニョ [DVD]崖の上のポニョ [DVD]
宮崎駿

スタジオジブリ

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。