11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【実録】『風の谷のナウシカ』はこうして生まれた!その2

2012.12.17 19:39|風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカ

1983年4月、ようやく劇場用長編アニメーション『風の谷のナウシカ』の制作が決定したわけですが問題は山積みでした。まず第一の問題は「どこのアニメスタジオで作るのか?」という点です。今なら「そんなのジブリに決まってるじゃん!」という話なのでしょうけど、スタジオジブリは1985年6月15日、『天空の城 ラピュタ』を作る時に設立されました。つまり、この当時はまだジブリは存在していなかったのです。
宮崎監督は当初、日本アニメーションか古巣のテレコムで制作しようと両社に打診していましたが、いずれも「現在、別作品に取り組んでいるためスタッフに余裕が無い」と断られてしまいます。他のスタジオも同様の返事で、いきなり窮地に立たされ途方に暮れる宮崎監督。

その危機を救ったのがプロデューサーに就任したばかりの高畑勲でした。高畑監督にとって『ナウシカ』が初めてのプロデューサー体験であったため、何もかもが手探り状態です。しかし、高畑氏は全てを一から勉強し、これまでの慣習や常識にとらわれない独特の方法で的確に制作体制を整えていきました。

まず、宮崎監督に一番負担を掛けない方法を考え、それを実行するには何が必要なのかを検討。次に拠点とスタッフを確保し、予算を確定させました(拠点は当時海外作品を多く手掛けていたトップクラフトに依頼、後にスタジオジブリの制作母体となる)。更に原画1カットいくらかかるか等、全ての作業を数値化し、それを積み上げ方式で算出して各部門毎に基準額を設定。このように、非常に合理的かつ現実的な方法で次々と問題点をクリアーしていったのです。

しかし、制作に突入してからも相変わらずトラブルは続出しました。元々、『風の谷のナウシカ』はマンガとして発表された作品であるため、それを一旦バラバラに解体し、映画として相応しい表現に改変し直す作業が困難を極めたのです。後日宮崎監督は、この時の苦労を以下のように語っていました。

「他人の原作なら躊躇無く変更できるんですが、さっきまで自分の中にあったものだから簡単には客観視できない。原作に描いていなくても、一つ一つのコマの裏にはそれなりに苦悩や思い入れがあるわけです。モチーフは原作にあるものを使って、でもその意味を変えながらシーンを並び替え、更に全てが映画の尺に収まるように風呂敷を閉じなければならないのですから大変でした」(宮崎駿監督談)


このような宮崎監督の負担を軽減するために、当初『ナウシカ』の脚本は伊藤和典が担当することになっていました。伊藤和典といえば、『うる星やつら』シリーズや『機動警察パトレイバー』など、押井守監督と組んで数々の優れた作品を提供している脚本家です(実写作品としては『平成ガメラシリーズ』などにも参加)。ところが、伊藤氏がシナリオを試算した結果、なんと3時間を越える超大作になることが判明!伊藤氏曰く、「どう考えても110分に詰め込める内容とは思えなかった」との事。

しかも、伊藤氏の脚本執筆が遅れたため、宮崎監督は先行して絵コンテ作業を進めなければなりませんでした。結局、伊藤和典は膨大なストーリーを110分以内に収めることが出来ず脚本担当を辞退。宮崎監督はストーリーの結末が未定のまま映画制作に突入するハメになってしまったのです。果たして『ナウシカ』はどうなる!?(その3へ続く)

風の谷のナウシカ [Blu-ray]風の谷のナウシカ [Blu-ray]
宮崎駿

スタジオジブリ
売り上げランキング : 1183

Amazonで詳しく見る

ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)
スタジオジブリ,文春文庫

文藝春秋
売り上げランキング : 902

Amazonで詳しく見る

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)
宮崎 駿

徳間書店
売り上げランキング : 103

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:風の谷のナウシカ 宮崎駿

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。