11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片渕須直監督『この世界の片隅に』感想

2016.12.15 15:36|劇場アニメ
この世界の片隅に (1)

■あらすじ『1944年(昭和19年)2月。絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、広島市から海軍の街・呉へやって来た。夫となる北條周作は海軍で働く文官で、幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという。こうして北條家に温かく迎えられたすずは、見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、健気に嫁としての仕事をこなしていった。やがて戦況が悪化し、配給物資が次第に減っていく中でも、すずは様々な工夫で苦しい日々を懸命に乗り越えてゆく。しかし、運命の日”8月6日”は刻々と近付いていた…。こうの史代の傑作漫画を「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が丁寧な日常描写の積み重ねで見事に描き切った珠玉の感動作!』



もう既に公開から1ヶ月が経過しちゃってるんですけど、ようやく『この世界の片隅に』を観て来ました。いや~、以前から「観たい観たい」と思いながらもタイミングが合わず、なかなか観に行けなかったんですよね。

なんせ上映館数が全国でわずか63館という、非常に小規模な態勢でスタートした本作。幸いにも僕の住んでいる地域では1館だけ上映してたんですが、午前と午後で1回ずつしか上映してなかったため、ちょっと時間が合わなかったんですよねえ。

ところが、興行成績ランキングで10位に入った後、上映館数が82に増え、それに伴って観客動員数も増加し、公開3週目でなんと6位にランクアップ!週末2日間で動員4万4048人、興収6494万9160円を記録し、前週の興収比114%と右肩上がりに業績が上昇し始めたのですよ。

このヒットを受けて各種媒体での紹介が相次ぎ、SNSでも盛り上がって満席の劇場が続出。さらに公開4週目にして第4位に食い込むという快挙を成し遂げ、上映スクリーン数は87に拡大、累計観客動員数は32万人、累計興行収入も4億5千万円を突破!この勢いは現在もアップし続けており、異例のロングランになりそうです。

そして普通なら公開から1ヶ月も経てば、スクリーンの大きさや劇場のキャパシティは減少していくものなのに、本作の場合は逆に増加し、とうとう1日の上映回数まで増えてしまいました。おお、やった!これで観に行ける!というわけで、ようやく鑑賞してきた次第です(^_^)

続きを読む >>

スポンサーサイト

タグ:この世界の片隅に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。