11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片渕須直監督『この世界の片隅に』感想

2016.12.15 15:36|劇場アニメ
この世界の片隅に (1)

■あらすじ『1944年(昭和19年)2月。絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、広島市から海軍の街・呉へやって来た。夫となる北條周作は海軍で働く文官で、幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという。こうして北條家に温かく迎えられたすずは、見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、健気に嫁としての仕事をこなしていった。やがて戦況が悪化し、配給物資が次第に減っていく中でも、すずは様々な工夫で苦しい日々を懸命に乗り越えてゆく。しかし、運命の日”8月6日”は刻々と近付いていた…。こうの史代の傑作漫画を「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が丁寧な日常描写の積み重ねで見事に描き切った珠玉の感動作!』



もう既に公開から1ヶ月が経過しちゃってるんですけど、ようやく『この世界の片隅に』を観て来ました。いや~、以前から「観たい観たい」と思いながらもタイミングが合わず、なかなか観に行けなかったんですよね。

なんせ上映館数が全国でわずか63館という、非常に小規模な態勢でスタートした本作。幸いにも僕の住んでいる地域では1館だけ上映してたんですが、午前と午後で1回ずつしか上映してなかったため、ちょっと時間が合わなかったんですよねえ。

ところが、興行成績ランキングで10位に入った後、上映館数が82に増え、それに伴って観客動員数も増加し、公開3週目でなんと6位にランクアップ!週末2日間で動員4万4048人、興収6494万9160円を記録し、前週の興収比114%と右肩上がりに業績が上昇し始めたのですよ。

このヒットを受けて各種媒体での紹介が相次ぎ、SNSでも盛り上がって満席の劇場が続出。さらに公開4週目にして第4位に食い込むという快挙を成し遂げ、上映スクリーン数は87に拡大、累計観客動員数は32万人、累計興行収入も4億5千万円を突破!この勢いは現在もアップし続けており、異例のロングランになりそうです。

そして普通なら公開から1ヶ月も経てば、スクリーンの大きさや劇場のキャパシティは減少していくものなのに、本作の場合は逆に増加し、とうとう1日の上映回数まで増えてしまいました。おお、やった!これで観に行ける!というわけで、ようやく鑑賞してきた次第です(^_^)

続きを読む >>

スポンサーサイト

タグ:この世界の片隅に

現役アニメーターが衝撃の告白!驚くべき低賃金の実態とは?

2016.12.13 23:15|アニメーター
a (1)

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。
先日、以下のような記事が話題になっていたので読んでみました。

アニメ制作会社の雇用条件や賃金の実態、暴露情報が流出!非難殺到で炎上

ざっくり内容を説明すると、「ピーエーワークス(P.A.WORKS)」というアニメ制作会社に所属しているアニメーターが、自社の劣悪な雇用状態をTwitterで暴露したところ、あまりにも安い賃金や過酷な業務内容が話題となり情報が拡散。

このアニメーターは「動画」の仕事をやっていて、「原画」への昇格を目指し、日々頑張っていたそうです。ところが、昇格試験に落ち続けて3年が経過すると「机代として月に6000円会社に払うことになった」らしい(本人曰く「『才能がないやつは出ていけ』という圧力がやばい」とのこと)。

さらに、自身の収入をTwitterで公開したのですが、1ヶ月の賃金が44,139円で、そこから税金やら何やらを引かれ、なんと手取りが1,477円!14万じゃなくて、1,477円ですよ!1ヶ月働いて!

a (2)

しかも、これらをツイートした直後、「会社クビになりました。みんな、さようなら…」というつぶやきを最後に、突如アカウントが削除される事態に。どうやら会社にバレて解雇されてしまったようですが、この状況を見たネットユーザーから「ピーエーワークス」に対して批判が殺到!

元々「ピーエーワークス」は、「アニメ作りは色々大変なこともあるけれど、とても素晴らしい仕事なんですよ!」的なことをアニメで描いた『SHIROBAKO』という作品を制作していました。なので余計に、「『SHIROBAKO』で訴えていたことは何だったんだよ!」「ただのブラック企業じゃねえか!」と炎上してしまったのでしょう。

SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版)
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-11-23)


しかし、この騒ぎを知ったピーエーワークス側はすぐに以下のような謝罪文を公式サイトに掲載しました。どうやら、炎上が拡大する前に事態の収拾を図ろうとしたようです。

この度の弊社スタッフのSNSの投稿につきまして

ところが内容を読むと、「今回、SNSに支払明細を投稿した弊社スタッフを見つけて事実確認を行った。こちらから契約を解除した事実はなく、SNSのアカウントの削除を依頼した事実もない」とのことで、詳しい内容についてはよく分からないんですよね。

そして、これに対する世間の反応は「賃金の問題等に一切触れてないところがまさにブラック企業」「火消しに必死で何の説明にもなってない」など、ますます不信感を募らせている模様。う~ん…

続きを読む >>

タグ:アニメーター

庵野秀明がガイナックスを訴えた?衝撃の事実が発覚!

2016.12.12 13:07|庵野秀明
ガイナックス

先日、『シン・ゴジラ』の総監督を務めた庵野秀明さんが、アニメ制作会社「ガイナックス」を提訴したとYahoo!ニュースで報じられ、ファンの間で話題になりました。ガイナックスと言えば、かつて庵野さん自身が取締役を務めていた「古巣」と呼ぶべき会社ですが、いったい何があったのでしょうか?



この報道によると、ガイナックスは庵野さんが代表を務める映像企画・製作会社「カラー」に対し、約1億円の借り入れがあり、カラーがその支払いを求める訴訟を東京地裁・立川支部に起こした、ということらしい。

Yahoo!ニュースの見出しだけ見たら、まるで庵野さん個人がガイナックスを訴えたように思ってしまいますが、実際は会社同士のやり取りみたいですね(そりゃそうだ)。

カラーといえば先日、会社設立10周年を記念する展覧会を行ったばかりで、その席上、庵野さんは「”エヴァの原作は庵野のもの”という認識を持っていてくれたので、ガイナックスからテレビシリーズ版『新世紀エヴァンゲリオン』の版権を円満に引き継ぐことができた」とコメントしていました。

しかし、カラーの相談役を務める貞本義行さんは、庵野さんのコメントに対して「円満にーーに引っかかりますね 全然、円満じゃねーだろ!笑」とツイートしており、この時点で何らかのトラブルを抱えていたと思われます。



今回の提訴報道についてガイナックスとカラー双方とも、「係争中の案件のため、コメントは差し控えさせていただきます」としているため、どのような係争になっているのかについては分かりません。ただ、数年前からガイナックスの経営状態は悪化していたらしい。

民間信用調査会社によると、ガイナックスは1990年代に社会現象になったエヴァンゲリオン以降は大きなヒットに恵まれず経営が低迷。16年7月期の収入は約2億4000万円で、5年前の10分の1となり、約1億円の債務超過に陥っていたそうです。

もともとガイナックスには優秀な人材が揃っていたのですが、2005年に庵野さんが独立する際、鶴巻和哉、摩砂雪、貞本義行、松原秀典、本田雄、田中達也、平松禎史、前田真宏、沖浦啓之、増尾昭一など、主なアニメーターをカラーへ連れて行ったため(というより皆が庵野さんに付いて行った?)、ガイナックスはスタッフが激減。

さらに2011年には大塚雅彦と今石洋之がガイナックスを抜けて新しいアニメスタジオ「トリガー」を立ち上げ、吉成曜、すしお、雨宮哲など凄腕アニメーターがトリガーへ移籍したため、いよいよ深刻な人材不足に陥ってしまったのではないかと。

まあ、ガイナックスは今まで3回ぐらい会社が潰れそうになったり、1999年には5億8000万円の脱税事件を起こして当時の社長が逮捕されたり、色々ヤバイ状況になっていたわけで、「とうとうこうなってしまったか…」という感じではありますね。

なお、この報道が話題になった後、ガイナックスは「このたびの裁判関連の報道につきましては、関係者の皆さまには、多大なるご心配をおかけしましたこと、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます」と公式サイトにて謝罪しました。

さらに今後について、「現在弊社は、組織の再編、一部の業務整理、会社移転などを実行し、ガイナックス本来のあるべき姿に立ち戻り、企画プロデュースを中心とした企業として再生を行っております」と経営を建て直す方針を伝えています。

ガイナックスといえば、数年前に『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の続編となる『蒼きウル』の制作を発表していたはずですが、あの企画はどうなってしまうのかも気になるところ。ぜひとも立ち直って、再び映画を作って欲しいですね。

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2008-07-25)
売り上げランキング: 6,250

タグ:庵野秀明

宮崎駿が引退撤回?ついに長編アニメの制作へ復帰するのか?

2016.12.11 20:04|宮崎駿
宮崎駿 (1)

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

先日、NHKでドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿という番組が放送されたので見てみました。宮崎監督と言えば、2013年に長編アニメ制作からの引退を宣言して以来、ほとんどメディアに登場していませんでしたが、同番組では宮崎さんが短編アニメ『毛虫のボロ』を制作する姿を約700日にわたって完全密着。さらに、長編アニメ制作への復帰を目指している様子も映し出していました。

『毛虫のボロ』とは、宮崎監督が『紅の豚』の次回作として「一匹の毛虫が街路樹から街路樹へ旅をする物語」を90分かけてじっくり描きたい、と考えて立てた企画です。ところが、プロデューサーの鈴木敏夫さんが「あまりにも内容が地味すぎるし、宮崎さんの年齢的にも今は活劇映画を作るべきだ」と猛反対。その代わりとして提案したのが『もののけ姫』だったのですよ。

元々『もののけ姫』は、『ルパン三世 カリオストロの城』の次回作として宮崎監督が考えた初のオリジナル企画で、宮崎さん自身も非常に力を入れていました。しかし、当時は「宮崎駿」の知名度は無きに等しく、様々なテレビ局や映画会社に売り込んでみたものの、「こんな映画、ヒットするわけないだろ」と全く相手にされなかったそうです。

宮崎駿 (2)

でも鈴木さんは、「『紅の豚』が大ヒットした今ならネームバリューも高まっているし、絶対に勝算があるはずだ」と考え、必死で宮崎さんを説得しました。結局、悩んだ末に宮崎監督も鈴木さんの提案に従ったのですが、それでも『毛虫のボロ』を諦め切れなかったらしく、その後も企画書をまとめ直していたとのこと。そんなこんなで20年以上が経過した現在、ようやく念願の映画に取りかかれることになったわけです。

しかし、宮崎さんが引退宣言した後、ジブリのスタッフは解散し、今はスタジオにアニメーターがいません。宮崎監督が新作アニメを作っていた頃は、全体で300名を超える社員が在籍していたのですが、”宮崎駿の後継者的な人材”は現れず、『思い出のマーニー』制作終了後に制作部門は解体。

多くの凄腕アニメーターを全員手放してしまったせいで、今のジブリは手描きアニメを作れる環境ではなくなってしまったのです。そこで鈴木さんは「CGで作ったらどうですか?」と勧めました。でも、宮崎さんとしてはCGで作ったキャラクターがどういう動きになるのか分からない。

ここで登場するのが、CGディレクターの櫻木優平さん。過去に岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』や『009 RE:CYBORG』などに関わり、自身もCGアニメの監督を務めるなど、CGに関してはエキスパートだそうです(ちなみに凄いイケメン…つーか美形ですねw)。

宮崎駿 (3)
宮崎駿 (4)

そんな櫻木さんがジブリへやって来て、フルCGで作った『毛虫のボロ』を宮崎監督に見せることになりました。いや~、これは緊張したでしょうねえ。なんせ相手は世界の巨匠:宮崎駿。長年、一枚一枚の絵を自分の手で描き続けてきた宮崎さんですから、「ふざけるなッ!人の心を感動させられるのは手描きのアニメだけだ!お前はアニメのことを何もわかっていないッ!」と海原雄山ばりに激怒する可能性もあるわけですよ(無い)。

ところが意外や意外。CGで作られた毛虫の動きを見て、「なるほど、面白いね」と満更でもなさそうな反応を見せているじゃありませんか!特に、毛が一本一本自然に動いている様子に感心し、「これは空気抵抗とか全部計算して処理してます」と説明されると、「はあ~、さっぱり分からん(苦笑)」「でも凄いね!」とかなり気に入った様子。

こうして、短編アニメをCGで作ることに決めた宮崎さん。最初は出来あがっていくCGを珍しそうに見ていたので順調にいくのかと思いきや、案の定、次第にこだわりが炸裂し出します。特に、生まれたばかりのボロが初めて世界を見回す冒頭シーンが気に入らないらしく、容赦ないダメ出しが次々と(笑)。

「振り向き方が大人になってる」「こんなに”キッ”と向かない」とダメな個所を指摘しますが、微妙なニュアンスが上手く伝わりません。自分で原画を描いて「こういう動きにして欲しい」とスタッフに見せても、CGに変換する過程でそのニュアンスが失われてしまうのです。

しまいには、宮崎監督が自らタブレットを使ってCGを修正し始める始末。でも、使い方が分からないので「ん?あれ?画面が真っ赤になっちゃったぞ?え~と消しゴムは…」とアタフタしまくり(笑)。この辺を見てて思ったんですけど、もう宮崎さんが手描きで全部描いた方が早いんじゃないですかね?

宮崎駿 (6)

原画を自分で描いて、動画はどこかに外注して、その他の工程をデジタルで処理すれば、12分ぐらいの短編なら十分に作れそうな気がするんだけど。新海誠監督は25分のアニメをたった一人で作ったわけだし、宮崎監督なら余裕じゃないのかなあ。

続きを読む >>

タグ:宮崎駿

新海誠監督『君の名は。』が大ヒットした理由を徹底解説!

2016.12.10 14:38|新海誠
君の名は

■あらすじ『千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっていた。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。戸惑いつつも、メモを残してやりとりしながら、少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。ところが、ある日突然2人の入れ替わりが起こらなくなってしまう。そこで瀧は、夢の記憶を頼りに三葉に会いに行こうと決心するものの、そこには衝撃的な事実が待ち受けていた…。「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション!』


現在、全国で大ヒットしている新海誠監督の最新作『君の名は。』の興行収入が、ついに200億円を突破したそうだ。興収が200億円を超えた邦画作品は、2001年の『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)以来、なんと15年ぶりという快挙であり、改めて「すごい!」と言わざるを得ない。ではいったいなぜ、ここまでの大ヒットを実現できたのか?

まず最初に、新海誠監督が『君の名は。』を手掛けることになった際、日本中から錚々たるスタッフが集結した。キャラクターデザインを担当する田中将賀は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』や『心が叫びたがってるんだ』などのヒット作を手掛けた人気アニメーターである。

新海監督との接点が生まれたのは、『言の葉の庭』と劇場版『あの花』の公開が重なった時、『あの花』の長井龍雪監督と対談する機会があり(雑誌『Cut』2013年7月号)、その後に開かれた食事会に田中将賀が同席したことがきっかけだという。

『クロスロード』を一緒に作ったことで、田中氏も新海監督も「次は長編を作りたい」という気持ちが芽生えていたらしい。だが、ちょうどその頃、田中氏は『心が叫びたがってるんだ』の仕事が重なっていたため、「しっかり作品に関われないのは申し訳ないので…」と一旦は断ったそうだ。

しかし、新海監督から「どうしても田中さんのデザインでアニメを作りたいんです!」と熱望され、「そこまで仰っていただけるのであれば…」と引き受けることを決意。とはいえ、作画監督を誰にやってもらうか決まらないまま、キャラクターデザインだけ進めることに不安もあったという。

ところが、作画監督を探すうちに突然「安藤雅司」の名前が浮上したのだ。安藤雅司といえば、1990年にスタジオジブリに入社して以来、『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』などの作画監督として優れた手腕を発揮し、『東京ゴッドファーザーズ』、『パプリカ』、『ももへの手紙』、『思い出のマーニー』など数多くの作品でも作監を務めたベテランアニメーターである。

それを聞いた田中将賀はビックリ仰天!なんせ、安藤雅司の実力は同業のアニメーターでさえ驚愕するほどの超絶スキルであり、しかも売れっ子だから仕事が忙しすぎて引き受けてくれないだろうと諦めていたからだ。なので最初は「えええ!?本当に?断られるんじゃないの?」と半信半疑だったらしい。

だが、あれよあれよと言う間に話が決まり、本格的に参加してもらえそうだということが分かると大喜び!「まさか安藤さんに僕のキャラクターを描いていただける日が来るとは、思ってもいませんでした。僕にとって安藤さんは、それこそ雲の上にいるような存在ですから。本当に光栄です!」と大興奮していたという。

一方、安藤雅司はどうして『君の名は。』の仕事を引き受けたのか?本人によると、「田中さんのキャラクターはアニメーション的な華がある。それに対して僕がこれまで携わってきたのは、どちらかと言えば地味な感じで(笑)。だから、田中さんの魅力的なキャラクターを自分が動かしたら、どんなアニメーションになるんだろう?と興味が湧いたんです。あとは、『君の名は。』の企画を拝見して、単純に面白そうだと感じたことが大きかったですね」とのこと。

続きを読む >>

タグ:君の名は。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。