09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木敏夫著『風に吹かれて』を読みました

2013.10.26 19:25|スタジオジブリ作品
風に吹かれて

■内容:『宮崎駿、高畑勲という二人の天才を支え続けてきた、 スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫のすべて。 インタビュアー、渋谷陽一が名プロデューサーの足跡を辿り、その思想に迫る。「鈴木敏夫は、アニメの神様がこの世に送った使者だ」――渋谷陽一。 名古屋で過ごした少年時代から、学生運動に揺れた大学時代、 『アニメージュ』の編集長として二足の草鞋を履きながら、「風の谷のナウシカ」などを完成させる徳間時代、プロデューサーとして、日本映画の記録を塗り替えたジブリ時代、そして現在――。「風立ちぬ」公開を直前にして、ジブリを、そして自分自身を語り尽くした8時間のインタビュー。あわせて、「アリエッティ」「コクリコ坂」などの公開前インタビュー6本を収録。鈴木敏夫の世界観、ジブリ映画の制作秘話、スタジオジブリのこれからを伝えるファン待望の一冊!』


鈴木敏夫著『風に吹かれて』を読みました。『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』に至るまで、宮崎駿監督作品を世に送り出してきた名(迷)プロデューサーが、これまで体験した面白エピソードの数々を存分に語りまくったボリューム満点の超ロングインタビュー集です。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:鈴木敏夫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。