07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『火垂るの墓』制作秘話

2013.08.23 14:14|高畑勲
火垂るの墓

■ストーリー『昭和20年の神戸。急な空襲で母が入院した14歳の清太と4歳の節子兄妹は、叔母のもとを頼りに訪れる。だがふたりの母が亡くなったのを機に叔母は彼らを邪険にしはじめ、清太は節子を連れて誰もいない防空壕へ。二人だけの自炊生活をはじめるのだが・・・。自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く』




本作は、『ナウシカ』や『ラピュタ』でプロデューサーを務めた高畑勲の、スタジオジブリにおける第一回監督作品です。公開当時は『となりのトトロ』と同時上映でしたが、『トトロ』の後にこれを見せられた子供たちは狂ったように泣き叫び、一緒に見たお母さんは顔面蒼白になるなど、劇場内はちょっとしたパニック状態となり、『はだしのゲン』をしのぐトラウマ作品として、いまだに語り草となっています。おまけに、『火垂るの墓』に足を引っ張られる形となった『トトロ』は劇場公開時にお客がさっぱり入らず、スタジオジブリ歴代映画の中で、過去最低の興行成績を記録。以来、『トトロ』と『火垂るの墓』は、「絶対にやってはいけない二本立て」として日本映画史に名を残す事になったのですよ、トホホ。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:高畑勲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。