06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『耳をすませば』制作マル秘エピソード&隠れキャラ

2013.07.05 13:49|スタジオジブリ作品
耳をすませば
■ストーリー『読書好きな中学3年生:月島雫は、日々図書館の本を借りて読んでいた。夏休みのある日、雫は本の貸し出し用の図書カードに「天沢聖司」という名前を発見する。良く見ると、雫の借りた本にはどれもその名前が書かれてあった。翌日、雫は親友の夕子との約束で学校に行き、自分で訳したカントリーロードの訳詩を見せる。そこに夕子がひそかに想いを寄せている同級生の杉村が現れたことで二人は退散。しかし図書室で借りた本を忘れたことに気づいた雫は引き返し、そこで謎の少年に出会った。雫が忘れた本を差し出し、そのまま立ち去る少年。彼はいったい何者なのか?次第に少年のことが気になり始める雫。やがて二人は…。宮崎駿が脚本・絵コンテを手掛けた青春ラブストーリー!』



本日、金曜ロードSHOWにて『耳をすませば』が放映されます。この作品は、1989年から集英社の雑誌「りぼん」に掲載された同名の少女マンガを原作とし、宮崎駿が脚本・絵コンテを手掛け、ジブリ作品で作画監督などを務めてきたアニメーターの近藤喜文が初監督に挑戦した映画です。

しかし、近藤さんは映画公開後に病で倒れ、47歳の若さで亡くなったため、『耳をすませば』が最初で最後の監督作品になってしまいました。この件については、映画の制作中に宮崎駿と近藤さんの間で何度も衝突があったとか、宮崎さんが演出の変更を求めて近藤さんを脅したとか、映画作りをめぐって二人が対立していることを思わせる噂が流れ、宮崎さん本人も「自分が彼に終わりを渡してしまったようなものだ」と告白しているそうです。まあ、その前の『火垂るの墓』でも近藤さんは高畑勲監督に散々こき使われてますけどね(^_^;)

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。