07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『借りぐらしのアリエッティ』はこうして作られた

2014.12.16 15:46|スタジオジブリ作品
借りぐらしのアリエッティ

■あらすじ『14歳の小人の少女・アリエッティは、人間に見られてはいけないという掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で、人間の生活品を借りながら両親と密かに暮らしていた。そんなある日、その屋敷に引越してきた病を患った少年・翔に自分の姿を見られてしまい、アリエッティは外の世界で暮らすことを余儀なくされる。しかし、好奇心旺盛なアリエッティは父親の心配をよそに、次第に翔に近づこうとするのだが…。原作は1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンの傑作児童文学『床下の小人たち』。舞台をイギリスから日本に移し、小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを爽やかに描くスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメーション超大作!』


今年の夏に公開されて話題になったスタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』が、2015年3月18日にBlu-ray/DVD化されることが決まったようです。BD/DVDのどちらにも、特典映像として絵コンテと予告編などを収録。さらにBD版には、アフレコ台本や「ZERO CULTURE スピンオフ 誰も知らないスタジオジブリ『思い出のマーニー』ができるまで」と題したメイキング映像も収録されるらしい。

思い出のマーニー [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-03-18)
売り上げランキング: 52

思い出のマーニー [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-03-18)
売り上げランキング: 3,786

そんな『思い出のマーニー』を撮った米林宏昌監督は、1作目の『借りぐらしのアリエッティ』に続いて大作に抜擢されたわけです。当時、35歳の米林さんは監督経験が全く無いにもかかわらず、いきなり初監督作品で予算数十億の超大作『借りぐらしのアリエッティ』を任され、「異例の大抜擢!」と大きな話題になりました。しかし、その舞台裏では宮崎駿鈴木敏夫による「熾烈な駆け引き」が行われていたのです…!というわけで、本日は『借りぐらしのアリエッティ』の制作秘話を書いてみましたよ。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿 鈴木敏夫 米林宏昌

スタジオジブリの知られざる裏側に迫ったドキュメンタリー『夢と狂気の王国』

2013.11.18 12:37|スタジオジブリ作品
夢と狂気の王国

スタジオジブリの制作現場に完全密着したドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』がいよいよ先日から公開されました。それを記念して昨日新宿バルト9でトークショーが行われ、スタジオジブリのプロデューサー(見習い)の川上量生、Production I.Gの石井朋彦、細田守作品を手掛ける「スタジオ地図」の齋藤優一郎らプロデューサー陣が集結し、スタジオジブリについて語り合ったそうです。

続きを読む >>

テーマ:映画情報
ジャンル:映画

タグ:高畑勲

鈴木敏夫著『風に吹かれて』を読みました

2013.10.26 19:25|スタジオジブリ作品
風に吹かれて

■内容:『宮崎駿、高畑勲という二人の天才を支え続けてきた、 スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫のすべて。 インタビュアー、渋谷陽一が名プロデューサーの足跡を辿り、その思想に迫る。「鈴木敏夫は、アニメの神様がこの世に送った使者だ」――渋谷陽一。 名古屋で過ごした少年時代から、学生運動に揺れた大学時代、 『アニメージュ』の編集長として二足の草鞋を履きながら、「風の谷のナウシカ」などを完成させる徳間時代、プロデューサーとして、日本映画の記録を塗り替えたジブリ時代、そして現在――。「風立ちぬ」公開を直前にして、ジブリを、そして自分自身を語り尽くした8時間のインタビュー。あわせて、「アリエッティ」「コクリコ坂」などの公開前インタビュー6本を収録。鈴木敏夫の世界観、ジブリ映画の制作秘話、スタジオジブリのこれからを伝えるファン待望の一冊!』


鈴木敏夫著『風に吹かれて』を読みました。『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』に至るまで、宮崎駿監督作品を世に送り出してきた名(迷)プロデューサーが、これまで体験した面白エピソードの数々を存分に語りまくったボリューム満点の超ロングインタビュー集です。

続きを読む >>

テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:鈴木敏夫

『猫の恩返し』誕生秘話!衝撃のマル秘エピソード

2013.07.19 16:07|スタジオジブリ作品
猫の恩返し

■ストーリー『ごく普通の女子高校生ハルは、学校には遅刻するし、ゴミ箱の中身をぶちまけるし、最近いいことがない。おまけに、憧れの男の子が別の女の子と2ショットになっているのを目撃してしまい、すっかり落ち込んでいた。そんなある日、たまたまトラックにひかれそうな1匹の猫を助けたハルは、お礼として猫の国へと招待される。そこでハルは猫たちから盛大な歓迎を受け、いつしか“つらい現実より、猫になって楽しく生きたい”と願うようになっていった。しかし、そこへ現れた猫の男爵バロンによって彼女の運命は大きく変わっていく…。偶然猫の国の王子を助けたことから不思議な事件に巻き込まれていくヒロインの冒険を描いたファンタジー・アニメ!』



本日、金曜ロードSHOWにて『猫の恩返し』が放映されます。『耳をすませば』のスピンオフ作品として2002年に公開された本作は、当時邦画のナンバー1に輝き興行収益64億6千万円を稼ぎ出すなど、オリジナルアニメーションとしては破格の大ヒットを記録しました。

また参加した声優も話題となり、主人公の吉岡ハル役を池脇千鶴が務めた他、袴田吉彦、渡辺哲、斉藤洋介、山田孝之、大泉洋、前田亜季、丹波哲郎など、豪華俳優陣がそれぞれのキャラクターを魅力的に演じています。ただしこの映画、従来のジブリ作品とはちょ~っと趣が異なってるんですよねえ。

続きを読む >>

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿

『耳をすませば』制作マル秘エピソード&隠れキャラ

2013.07.05 13:49|スタジオジブリ作品
耳をすませば
■ストーリー『読書好きな中学3年生:月島雫は、日々図書館の本を借りて読んでいた。夏休みのある日、雫は本の貸し出し用の図書カードに「天沢聖司」という名前を発見する。良く見ると、雫の借りた本にはどれもその名前が書かれてあった。翌日、雫は親友の夕子との約束で学校に行き、自分で訳したカントリーロードの訳詩を見せる。そこに夕子がひそかに想いを寄せている同級生の杉村が現れたことで二人は退散。しかし図書室で借りた本を忘れたことに気づいた雫は引き返し、そこで謎の少年に出会った。雫が忘れた本を差し出し、そのまま立ち去る少年。彼はいったい何者なのか?次第に少年のことが気になり始める雫。やがて二人は…。宮崎駿が脚本・絵コンテを手掛けた青春ラブストーリー!』



本日、金曜ロードSHOWにて『耳をすませば』が放映されます。この作品は、1989年から集英社の雑誌「りぼん」に掲載された同名の少女マンガを原作とし、宮崎駿が脚本・絵コンテを手掛け、ジブリ作品で作画監督などを務めてきたアニメーターの近藤喜文が初監督に挑戦した映画です。

しかし、近藤さんは映画公開後に病で倒れ、47歳の若さで亡くなったため、『耳をすませば』が最初で最後の監督作品になってしまいました。この件については、映画の制作中に宮崎駿と近藤さんの間で何度も衝突があったとか、宮崎さんが演出の変更を求めて近藤さんを脅したとか、映画作りをめぐって二人が対立していることを思わせる噂が流れ、宮崎さん本人も「自分が彼に終わりを渡してしまったようなものだ」と告白しているそうです。まあ、その前の『火垂るの墓』でも近藤さんは高畑勲監督に散々こき使われてますけどね(^_^;)

続きを読む >>

テーマ:アニメ・コミック
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:宮崎駿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。