04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』をもっと楽しむための制作マル秘エピソード

2012.12.03 01:40|エヴァンゲリオン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

■ストーリー『汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、未知の領域へ突入する…!綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。加えて魅惑の新ヒロインが登場する。謎の生命体“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオンの参加で、さらに激しくエスカレート。スクリーンに続々と展開する、誰も見たことのないバトルシーン。驚異のスペクタクルの興奮は今、未知の物語へと加速する!
あえてTVシリーズと同じ出発点からスタートしてみせた新EVA伝説。第2ステージからは、大きくポイントが切りかわっていく。そこから見えてくる全4部作の真の姿とは、はたして何なのか?新キャラ・新エヴァなどの斬新な要素だけではなく、未知の展開に対応したデジタル時代のエヴァ映像も「破」の大きな見どころ。物語・映像の両面から、「序」で再構築されたはずのあらゆる事象は土台を失っていったん倒壊し、新劇場版は混沌の中から《未来》に向けて刷新されていく。それはまさにエヴァだけが可能とする行先不明の《ライブ感覚》。いま、大転換のための幕が上がる!押し寄せる戦慄の感覚!震えるほどのエモーション!それこそがまさに「破」なのであるッ!』


というわけで、本日は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の制作にまつわる裏話的なエピソードを書いてみたいと思います。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』をもっと楽しむための制作裏話

2012.11.30 13:42|エヴァンゲリオン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序

■ストーリー『突如世界を襲った未曾有の大災害“セカンド・インパクト”。この影響で人類の半数近くは死にいたり、世界の各地には大破壊の痕跡が刻みこまれた。やっと平穏な日々が戻ったと思われたとき、14 歳の少年・碇シンジは父親の碇ゲンドウから第3新東京市へ呼び出される。その眼前の山あいから、巨大な生物が出現。それは『使徒』と呼ばれる正体不明の存在で、たちまち国連軍と激しい交戦を開始した。爆風に巻きこまれ、危機に陥るシンジ。その生命を救ったのは、葛城ミサトと名乗る女性だった。ミサトの車で特務機関NERV(ネルフ)の本部へと連れていかれ、シンジは父と3年ぶりの再会を果たす。だが、シンジは父の碇ゲンドウから極秘裏に開発された巨大な人型兵器を見せられた。それがシンジと人造人間エヴァンゲリオン初号機との出逢いであった・・・!』


1997年の『Air/まごころを、君に』以来、10年ぶりとなる2007年に公開された本作は、TVシリーズの第1話から6話を踏襲しつつも、細かい設定や台詞などに差異があり、「リビルド(再構築)」の名が示す通り”新たな出発”であることを印象づけました。というわけで、本日は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の制作にまつわる様々なエピソードを集めてみましたよ。

続きを読む >>

テーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版
ジャンル:アニメ・コミック

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の内容をいろいろ検証してみた

2012.11.29 13:39|エヴァンゲリオン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q

先日から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に関する記事をいくつかアップしてたんですけど、肝心の感想をまだ書いてないということに気付いたので、本日感想を書いて『エヴァQ』の総括にしたいと思います。

え~、まずいきなり結論を言ってしまうと「あまり面白くなかった」です(笑)。面白い・つまらないの評価基準は人それぞれだと思いますが、僕の場合は「この映画がソフト化された時に買うかどうか」という観点から判断することが多いんですね(面白いと思った映画は大体ソフトを買っています)。ちなみに『エヴァ』に関しては、TVシリーズはLDを買い、旧劇場版はDVDを買い、『序』と『破』はブルーレイをそれぞれ買いました。そんな僕ですけど、今回の『Q』だけは「買う理由が見当たらない」としか言いようがありませんでしたねえ。

続きを読む >>

テーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q

「エヴァの呪縛」に囚われたのは誰?『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を考察してみた

2012.11.28 13:06|エヴァンゲリオン
mari.jpg

3連休だった先週末の観客動員ランキングは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が2週連続で1位を獲得したようです。前週比50パーセントながら、2位にダブルスコア以上の差をつける断トツの“横綱相撲”を見せ付けました。累計成績も9日間で動員203万2,147人、興行収益28億5,812万6,200円と圧倒的な勢いで大ヒット街道を爆走中!

これは、7月13日に450スクリーンで公開された『BRAVE HEARTS 海猿』のオープニング3日間の11億1917万1350円を上回る好成績で、今年ナンバーワンのメガヒットだそうです。しかも、『序』の興行収益(2日間で2億8042万4200円)や、『破』の興行成績(2日間で5億1298万9000万円)と比べてもズバ抜けて高く、いかに観客が本作を待ち望んでいたかがわかります。

そんな『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ですが、観客の反応は賛否両論真っ二つ。公開直後から謎を検証するサイトが乱立し(これはまあ、いつものことですけど)、『序』や『破』の作風から大幅に様変わりした『Q』の内容をめぐって、ネット上では大論争が巻き起こりました。

続きを読む >>

テーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q ネタバレ 解説

謎を解明?『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・ストーリー解説

2012.11.28 00:51|エヴァンゲリオン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q

■ストーリー『レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機。廃棄される要塞都市。幽閉されるネルフ関係者。ドグマへと投下されるエヴァ6号機。胎動するエヴァ8号機とそのパイロット。ついに集う、運命を仕組まれた子供達。果たして、生きることを望む人々の物語はどこへ続くのか?次回、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q!さぁ~て、この次もサービス、サービスゥ!(『新劇場版:破』の予告編より)』…って、全然こんな話じゃねええええ!



いや、なんかおかしいなとは思ってたんですよ。普通、新作映画を公開する前は雑誌やテレビなどでガンガン宣伝するじゃないですか?まあ、『エヴァ』の場合は徹底した秘密主義を貫いているので、なかなか情報が出て来ないのは想定通りなんだけど、簡単な「あらすじ」すらどこにも公表しないってのは「なぜそこまで?」と疑問だったんですよね。だって、旧作からのファンなら『ヱヴァ:破』の「ゼルエル戦」以降の展開はだいたい分かっているので、既に公開済みの予告編と合わせて考えれば大まかなストーリーは普通に推測できるわけですよ。「別に隠す必要ないじゃんか」と。

しかし、まさかここまで変えてくるとは…。予告編で描かれているシーンはほぼスルーです。山に登ってる2人組のおっさんは誰ですか?加持さんどこいった?「予告編詐欺」とはまさにこのことですよ!と憤りを覚えたものの、「そういやエヴァって元々こういうノリだったよなあ」などと遠い過去のことを思い出してみたり。まあ、たしかに事前にあらすじなどの情報を仕入れるより、何も知らない状態で観た方が楽しめるでしょうけどね。

しかし、あらすじさえ語れないとなると、レビューがほぼ成り立ちません。というわけで、今回はネタバレ前提のレビューになりました。映画の感想というより、各シーンで気になった点や疑問点などに対し、推測や突っ込みを交えつつ、ストーリーの時系列に沿って色々検証してみようかなと。


※以下、盛大にネタバレしてます。未見の方はご注意を!

続きを読む >>

テーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q ネタバレ 解説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。