03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

タイプ・あ~る

Author:タイプ・あ~る
「タイプ・あ~る」と申します。大好きなアニメや劇場作品について色々書いています。ご意見・ご要望等がありましたらお気軽にコメントしてくださいませ。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新人気ソフト

無料体験

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片渕須直監督『この世界の片隅に』感想

2016.12.15 15:36|劇場アニメ
この世界の片隅に (1)

■あらすじ『1944年(昭和19年)2月。絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、広島市から海軍の街・呉へやって来た。夫となる北條周作は海軍で働く文官で、幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという。こうして北條家に温かく迎えられたすずは、見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、健気に嫁としての仕事をこなしていった。やがて戦況が悪化し、配給物資が次第に減っていく中でも、すずは様々な工夫で苦しい日々を懸命に乗り越えてゆく。しかし、運命の日”8月6日”は刻々と近付いていた…。こうの史代の傑作漫画を「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が丁寧な日常描写の積み重ねで見事に描き切った珠玉の感動作!』



もう既に公開から1ヶ月が経過しちゃってるんですけど、ようやく『この世界の片隅に』を観て来ました。いや~、以前から「観たい観たい」と思いながらもタイミングが合わず、なかなか観に行けなかったんですよね。

なんせ上映館数が全国でわずか63館という、非常に小規模な態勢でスタートした本作。幸いにも僕の住んでいる地域では1館だけ上映してたんですが、午前と午後で1回ずつしか上映してなかったため、ちょっと時間が合わなかったんですよねえ。

ところが、興行成績ランキングで10位に入った後、上映館数が82に増え、それに伴って観客動員数も増加し、公開3週目でなんと6位にランクアップ!週末2日間で動員4万4048人、興収6494万9160円を記録し、前週の興収比114%と右肩上がりに業績が上昇し始めたのですよ。

このヒットを受けて各種媒体での紹介が相次ぎ、SNSでも盛り上がって満席の劇場が続出。さらに公開4週目にして第4位に食い込むという快挙を成し遂げ、上映スクリーン数は87に拡大、累計観客動員数は32万人、累計興行収入も4億5千万円を突破!この勢いは現在もアップし続けており、異例のロングランになりそうです。

そして普通なら公開から1ヶ月も経てば、スクリーンの大きさや劇場のキャパシティは減少していくものなのに、本作の場合は逆に増加し、とうとう1日の上映回数まで増えてしまいました。おお、やった!これで観に行ける!というわけで、ようやく鑑賞してきた次第です(^_^)

続きを読む >>

スポンサーサイト

タグ:この世界の片隅に

現役アニメーターが衝撃の告白!驚くべき低賃金の実態とは?

2016.12.13 23:15|アニメーター
a (1)

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。
先日、以下のような記事が話題になっていたので読んでみました。

アニメ制作会社の雇用条件や賃金の実態、暴露情報が流出!非難殺到で炎上

ざっくり内容を説明すると、「ピーエーワークス(P.A.WORKS)」というアニメ制作会社に所属しているアニメーターが、自社の劣悪な雇用状態をTwitterで暴露したところ、あまりにも安い賃金や過酷な業務内容が話題となり情報が拡散。

このアニメーターは「動画」の仕事をやっていて、「原画」への昇格を目指し、日々頑張っていたそうです。ところが、昇格試験に落ち続けて3年が経過すると「机代として月に6000円会社に払うことになった」らしい(本人曰く「『才能がないやつは出ていけ』という圧力がやばい」とのこと)。

さらに、自身の収入をTwitterで公開したのですが、1ヶ月の賃金が44,139円で、そこから税金やら何やらを引かれ、なんと手取りが1,477円!14万じゃなくて、1,477円ですよ!1ヶ月働いて!

a (2)

しかも、これらをツイートした直後、「会社クビになりました。みんな、さようなら…」というつぶやきを最後に、突如アカウントが削除される事態に。どうやら会社にバレて解雇されてしまったようですが、この状況を見たネットユーザーから「ピーエーワークス」に対して批判が殺到!

元々「ピーエーワークス」は、「アニメ作りは色々大変なこともあるけれど、とても素晴らしい仕事なんですよ!」的なことをアニメで描いた『SHIROBAKO』という作品を制作していました。なので余計に、「『SHIROBAKO』で訴えていたことは何だったんだよ!」「ただのブラック企業じゃねえか!」と炎上してしまったのでしょう。

SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版)
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-11-23)


しかし、この騒ぎを知ったピーエーワークス側はすぐに以下のような謝罪文を公式サイトに掲載しました。どうやら、炎上が拡大する前に事態の収拾を図ろうとしたようです。

この度の弊社スタッフのSNSの投稿につきまして

ところが内容を読むと、「今回、SNSに支払明細を投稿した弊社スタッフを見つけて事実確認を行った。こちらから契約を解除した事実はなく、SNSのアカウントの削除を依頼した事実もない」とのことで、詳しい内容についてはよく分からないんですよね。

そして、これに対する世間の反応は「賃金の問題等に一切触れてないところがまさにブラック企業」「火消しに必死で何の説明にもなってない」など、ますます不信感を募らせている模様。う~ん…

続きを読む >>

タグ:アニメーター

庵野秀明がガイナックスを訴えた?衝撃の事実が発覚!

2016.12.12 13:07|庵野秀明
ガイナックス

先日、『シン・ゴジラ』の総監督を務めた庵野秀明さんが、アニメ制作会社「ガイナックス」を提訴したとYahoo!ニュースで報じられ、ファンの間で話題になりました。ガイナックスと言えば、かつて庵野さん自身が取締役を務めていた「古巣」と呼ぶべき会社ですが、いったい何があったのでしょうか?



この報道によると、ガイナックスは庵野さんが代表を務める映像企画・製作会社「カラー」に対し、約1億円の借り入れがあり、カラーがその支払いを求める訴訟を東京地裁・立川支部に起こした、ということらしい。

Yahoo!ニュースの見出しだけ見たら、まるで庵野さん個人がガイナックスを訴えたように思ってしまいますが、実際は会社同士のやり取りみたいですね(そりゃそうだ)。

カラーといえば先日、会社設立10周年を記念する展覧会を行ったばかりで、その席上、庵野さんは「”エヴァの原作は庵野のもの”という認識を持っていてくれたので、ガイナックスからテレビシリーズ版『新世紀エヴァンゲリオン』の版権を円満に引き継ぐことができた」とコメントしていました。

しかし、カラーの相談役を務める貞本義行さんは、庵野さんのコメントに対して「円満にーーに引っかかりますね 全然、円満じゃねーだろ!笑」とツイートしており、この時点で何らかのトラブルを抱えていたと思われます。



今回の提訴報道についてガイナックスとカラー双方とも、「係争中の案件のため、コメントは差し控えさせていただきます」としているため、どのような係争になっているのかについては分かりません。ただ、数年前からガイナックスの経営状態は悪化していたらしい。

民間信用調査会社によると、ガイナックスは1990年代に社会現象になったエヴァンゲリオン以降は大きなヒットに恵まれず経営が低迷。16年7月期の収入は約2億4000万円で、5年前の10分の1となり、約1億円の債務超過に陥っていたそうです。

もともとガイナックスには優秀な人材が揃っていたのですが、2005年に庵野さんが独立する際、鶴巻和哉、摩砂雪、貞本義行、松原秀典、本田雄、田中達也、平松禎史、前田真宏、沖浦啓之、増尾昭一など、主なアニメーターをカラーへ連れて行ったため(というより皆が庵野さんに付いて行った?)、ガイナックスはスタッフが激減。

さらに2011年には大塚雅彦と今石洋之がガイナックスを抜けて新しいアニメスタジオ「トリガー」を立ち上げ、吉成曜、すしお、雨宮哲など凄腕アニメーターがトリガーへ移籍したため、いよいよ深刻な人材不足に陥ってしまったのではないかと。

まあ、ガイナックスは今まで3回ぐらい会社が潰れそうになったり、1999年には5億8000万円の脱税事件を起こして当時の社長が逮捕されたり、色々ヤバイ状況になっていたわけで、「とうとうこうなってしまったか…」という感じではありますね。

なお、この報道が話題になった後、ガイナックスは「このたびの裁判関連の報道につきましては、関係者の皆さまには、多大なるご心配をおかけしましたこと、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます」と公式サイトにて謝罪しました。

さらに今後について、「現在弊社は、組織の再編、一部の業務整理、会社移転などを実行し、ガイナックス本来のあるべき姿に立ち戻り、企画プロデュースを中心とした企業として再生を行っております」と経営を建て直す方針を伝えています。

ガイナックスといえば、数年前に『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の続編となる『蒼きウル』の制作を発表していたはずですが、あの企画はどうなってしまうのかも気になるところ。ぜひとも立ち直って、再び映画を作って欲しいですね。

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2008-07-25)
売り上げランキング: 6,250

タグ:庵野秀明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。